第45回フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シンポジウムにて、学会発表を行いました

2013.8.6
大阪大学 大阪大学会館における
第45回フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シンポジウムにて、
iGurafenに関する学会発表を行いました。


弊社社員アフシン エブラヒミ氏が、
「高熱・電気伝導性を持つナノグラフェンプレートレット/エポキシ樹脂複合材料」(Highly Conductive NGP/Epoxy Composites)というタイトルにて発表を行いました。


グラフェンに関しての初めての発表ということもあり、興味を持っていただいた研究関係者の方々から興味を持っていただきました。